挨拶

今7時半だが、外はやっと薄明るくなってきた。段々夜明けが遅くなってくる。

ケン達がいる間はほとんど雨が降らず助かったが、昨夜は夜中から風雨、、、テントがバタつくので、台所で暖をとっている。

俺は慣れたが、子供達はこの電気のない生活、さぞカルチャーショックだったろうなあ、、、ハハハ。

ところで12歳のD君、2週間一緒にいると俺も段々可愛くなってきてなあ、、、俺の癖かも知れないが、そうなると放っておけず色々干渉してしまう。

この子は今時珍しく朴訥で純真なところがあってなあ、、、ところが困った事に挨拶が出来ないんだ。朝、顔を合わせても「おはよう」が言えない。この子はクラスでも人気があるらしく、サッカークラブでもキャプテンを務めているというから不思議に思って「学校では挨拶しないのか?」と尋ねたら、「学校では挨拶します」という。「ここではしないのに学校ではどうして挨拶するのだ?」と聞いたら、「規則だから」と言うのだ!

ユウジ、これは大きな問題だなあ、、、そもそも挨拶というものは相手に対する尊敬の念の表現だろ。「おはようございます」は、「早くからご苦労様です」という尊敬と労いの発露だよ、、、それがいつの間にか「規則」になってしまったんだなあ、、、マニュアル化したんだなあ、、、ファミレスの店員マニュアルと一緒になってしまって、日本中の子供達はファミレスやコンビニ店員と一緒で、マニュアルとしての挨拶をしているわけだ、、、。

俺は最初「此処に居る間にこの子を挨拶出来る子にしよう」と思ったのだ。それは簡単で、蚊の鳴くような声で挨拶したら、大声を出すまで何回でも繰り返させればいい。親を差し置いてと思うかも知れないが、こういう事は親じゃない者の方が効果があるのだ。どうにも甘えも抵抗もできない強い大人が側に付いて矯正すれば1週間もすればすぐ身につく。

しかし、俺は「規則だから」という言葉を聞いて、それをする気が無くなった。子供をこんなふうに縛ってしまう俺自身も含めた社会というものの在り方がつくづく嫌になったよ。

規則、規則、規則、、、それが大人を阿呆ばかりにしてしまった、、、自分だけが可愛くて、上から下まで「今だけ、金だけ、自分だけ」なんだからなあ、、、でもその結果は必ずその大切な自分に降りかかってくるんだが、、、。

俺が挨拶を強制しなかったのは、この子には天性の真心があるから、そのうち自らの意志で相手に対する尊敬と労いの言葉が挨拶として自然に出てくると思ったからだ。それなら規則の無い自由な環境では、むしろ規則としての挨拶なんかさせない方が良いと思ったのだ。

ユウジ、これはむしろ大人においてもっと大きな問題だよ。最近成人した若者が子供社会とは逆に、妙に挨拶を多発する者が増えている。照れもせず、ハニカミもせず、「有難うございます」「済みません」を口癖のように連発するのだ。俺は心にこもらないそれがイヤで、周囲の若者には「男ならありがとうすみませんは口にするな!そもそも有難うの意味はあり得ないほどの恩を受けましたで、済みませんはお返しができませんという情けない言い訳だ。恩を受けたなら、ひと言の挨拶でゴマかすな!男なら黙って受け取り、頑張ってお返ししろ!」と叱るのだ。

ユウジ、多分規則で(損得で)挨拶を教えたから、チャべチャべとありがとうございますを連発する大人が増えたんだろうな、、、こういうヤツに限って自分の得にならないと見るや、恩も義理も放り捨てて、挨拶もしないで去っていくんだ。

しかしこういう風潮を作ったのは俺たち世代だから、怒ってばかりはいられないんだがなハハハ、、、さて風雨も静まってきたから石積み始めるわ。

再びの独り暮らし

今日は起床時から腰痛、、、原因は判っている、調子に乗って旨いモノを食べ続けたからだ!

で、今日は梅干し入り白粥で、大人しく過ごすことにした。白御飯に梅干しの種数個を入れて火にかける。

エッ、こんなに入れるの!と驚くかも知れないが、これは種で果肉は付いていない。。富山のお母さんが数年前送ってくれたモノで、梅干しを乾燥させ、果肉部分は粉末にして、種の部分はそのままで、長期保存用にしたモノなんだ。スコットランド以来、これには何度も助けられたよ。

煮える間にキャベツの漬物作り。

買い込んだ野菜でキャベツだけが一個残っていて、忙しくて漬物を作ろうとしていて出来なかった んだ。10日以上経っていたので、処〃腐りが入ってしまった、、、切り分けて遅まきながら漬物にする。

あの子達が名古屋空港に着いたようだ

こんなに距離が離れていても瞬時に連絡が取り合える時代の到来をユウジはどう考える?

俺は時間と空間が我々が感じているようなモノではない事を、人々が知る時がやって来たように思うのだが、、、。

 

 

帰国

忙しくも楽しい2週間はアッと言う間に過ぎ去りケン達が帰った。

昨日はマドリード街中のホテルに泊まり、マドリード観光という段取りだったが、さすがに俺は疲れてホテルで昼寝。彼らは元気に市場見学。夜は全員で夕食。最後の夜とて俺も久しぶりに痛飲した。

ケン達は元気一杯、夕食後も街を散策、、、俺はいささか酔って再びホテルで爆睡、、、さすがに早朝目が覚めて、朝のマドリードの下町を散歩した。

歩道にも車道にも飲み散らかした空きカンが散乱、、、道の両側には車がビッシリ駐車して、、、ユウジ、人はなぜこんなに密集して、汚い街をつくるんだろうなあ、、、

そう思いながら上の写真を撮って、ふと向かいを見るとこの看板が目に飛び込んできた!

どうもディスコのビルの看板らしいのだが、、、ユウジ、なるほどと思わないか、、、人はもう半分ケモノなんだなあ!

 

土産の果物は当日の朝買うつもりが、ウッカリしていて今日は日曜日、どんな大きなマーケットも休みなんだスペインは!

しかしシッカリ者の宗久がすぐ近くの小さなマーケットが日曜でも開店していることを調べ上げ、ギリギリセーフ。アシの速い果物やチーズも確保できた!

スッカリ運転慣れした宗久のハンドルさばきでスイスイ20分で空港到着。名残惜しくも息子と孫2人を降ろして、俺はナロガに戻ってきた。

さて明日からまた独り仕事だ。

でも嬉しいじゃないかユウジ、十数時間もかかる飛行機に乗って、この子達は俺を助けにきてくれたんだ。独りでテントに入ったら、掃除もしてくれて俺の布団も作ってあって、彼方此方に彼らの心尽くしが見えてなあ、、、よしヤルゾと老骨の奮起がジワジワ湧いてくるよ!

アーチ型枠完成

半日でアーチの型枠が完成!と言っても作ったのはケンと宗久。

俺はカマドの蓋作り、、、寸胴を炎が包むように作ったのは成功で、朝、火をつけるとみんなが洗顔している間に50リットルのお湯が沸騰する。もったいないので、蓋を作って真ん中に蒸気穴を開け、セイロが置けるようにした。セイロを買ってきて、元精飯や野菜蒸しなどやってみるつもり。

独りだととてもここまで手が回らないが、彼らが来てくれたおかげで、洗濯場や外流しも作れて随分暮らしよくなったよ。

空港出発は明後日だが、マドリードまでが長距離なので、此処を発つのは明朝だ。作業に追われてほとんど遊びに連れて行けなかったので、明日午後はマドリード観光だ。チョット良いホテルをとって、ゆっくりスペインの夜を楽しませるつもり。

アッと云う間の2週間

アッと言う間に時が過ぎてケン達が帰る日が近づいて来た。それまでにアーチ部分の型枠だけでも完成させたいと、今日は全員頑張った。

小6のD君も、やり残していた岩削りをなんとか完成。何と言ってもまだ12歳だからなあ、よく頑張ったよ。

ここは岩壁の下が出っ張っていて凄く使い辛かったのだが、平らになってグッと作業し易くなったよ。D君も達成感を感じただろうが、教える俺もホッとひと息。

建屋の方も、アーチを組み上げる型枠が明日午前中には仕上げられるだろう。

3メートル×3メートルの大きな一枚ガラスをはめ込んで、室内から御神木をあおげるようにするつもり、、、なにしろ木材が無いので苦労するよ!ボロボロの廃材を使って組み上げている。

アップして見ればどんな材木使ってるか判るだろ、全部寸法が違うんだから、ハハハ。ユウジ、この骨組みの上に3トンほどの岩石を積み上げるわけだが、セメントが固まる前にこの下に座る勇気はあるかい?俺は嫌だな、ハハハ。

若者の海外体験

ユウジ、以前「人は、其々の異なった知識と経験で創り上げた独自の位置から、其々独自の世界を見ている。という話をしたよな。

それは同じ空間に存在しながら、異なった立ち位置にいるからそうなる。それは上下左右無数に浮かぶ固定されたガラス玉のひとつに閉じ籠った人々が、円錐体を見て「あれは三角だ、やれ円だ、やれ涙型だ!」と言い争うのに似ている。この人達は動いた事がないから立体物を知らない。モノを輪郭で平面的にしか見た事がないから、自分が立体世界に住みながら平面世界しか知らないのだ。

円錐体を円錐体として認識する為には、このガラス玉から飛び出す必要がある。しかしほとんどの人は怖くてこのガラス玉を破ることができない、、、俺は今回俺を訪ねて来た2人の少年を見ていて、やはり若者は海外に出る事がこのガラス玉にヒビを入れる良い方法だと確信したよ。(ただの観光旅行ではダメだがね。)   成人してしまうと難しいが、若いうちはまだガラスの壁が薄いからなあ。

ピラールお婆さんに、通じようと通じまいと一向構わず話しかけれて、最初は困っていたが、そのうち言葉は通じなくとも、好意は伝わると知って、子供達だけで遊びに行くようになった。

昨日から年少のD君に、作業小屋の岩壁を削岩機で削らせている。岩壁の下部が出っぱっていて邪魔だからだ。大人がやっと持ち上げる重たい削岩機は、振動が激しく、大人でもこれを使うのは相当な重労働だ。

多分今の日本社会では、小6の少年にこんな作業をさせるなんて虐待だと言う者がほとんどだろうな、、、でも可愛さ余って頭ひとつハタかずに育てて、思春期になって引き篭もる子供の現状を見ろよ、悲惨じゃないか。あれこそが虐待じゃないか、、、俺はどんな小さな子供でも、仕事をさせる時は、実際役に立つだけの作業をやらせる。もちろん子供だから最初は好奇心に駆られてやり出すが、すぐ飽きてくる。それが単純作業だったり重労働だったるすれば逃げ出そうとする。しかし、そんな時は叱って続けさせなきゃダメだ。その辛さを知らないまま成人するとロクな大人にならないのだ。

この子の父親は、隣で石畳みの洗濯ハウスを1日で建ててくれた!この子はその隣で岩壁に挑戦したが2日かかっても岩削り作業を終われせる事ができなかった。口で言わずとも父親の力量をヒシヒシと感じたはずだ。

俺は明日もこの子に削岩機を持たせるつもりだ。一度手を付けた仕事は終わるまでやらせなきゃダメなんだよ。ユウジ、愛と執着を混同するなよ。焚き火ひとつ出来ない、戸棚ひとつ満足に作れない、、、そんな若者は露頭に迷う世の中が来るからな、、、。

楽しいことも苦労があってこその味わいだよ。

到着

空港にケン達が到着!

そこからまた6時間(560キロ)のドライブだ

宗久は免許取ったばかりだが安定した運転ぶりで、安心して任せられる。

翌日の朝食はタラムンディのパン屋で。

彼らが来たから薪作りもアッと言う間に片付いて、夕方ピラールお婆さんに挨拶。

例によって、こっちが解ろうと解るまいと関係なく一方的に喋り捲る、、、明日コーヒー呑みに来いと言ってる事だけは判った。

ケンさん来訪

朝、ケンさんたちが空港でビール一杯やってる写真が送られてきて、慌てて迎える準備。

勘違いしていて、到着は明後日の朝と思っていたが、明日だった!

台所もテントの中も、屋根が崩落したり、その後壁を崩したりして土ほこりで酷い事になっていた。特に台所はあるモノ全部が土埃まみれで、俺ひとりの時は使うモノをその都度洗っていたが、今日は全部洗ってしまい直した。

スッキリしたろう、、、と言ってもユウジには何処がスッキリしたのかワカランだろうな!

これでも椅子を4脚入れて、ワインとグラスも用意して、一応歓迎式典の準備は終わったのだ。

ガス台も流し側に移動して、右側のテーブルで4人が食事できるようにした。

テントの中もなんとか3人眠れる配置にしようとしたが、外してあった車の座席の2人掛けのヤツが重くて動かせない。これだけはあの子達がきてから寝場所を作る事にした。

時計を見たら午後4時で、ナンニモ食べていないことに気づいた。気づいた途端腹が猛烈に空いて来たが、あるものはタマネギだけ、、、一昨日何か食べ物をと思って麓のタラムンディまで出かけたが、一軒しかない店には買う気の起こるモノが何にもない。店にはおばさんが1人居て、無言で俺を見つめてる。あるのは大きな肉に塊とチーズ、野菜と果物もあるにはあるが、どれもしなびていて買う気にならない。でも店の中には俺とおばさんの2人だけで、不気味な沈黙が続く、、、で、さすがの俺も彼女の視線を振り切る事は出来ず、とっさにチーズとタマネギの袋を掴んで差し出してしまった。

腹は向かいのパン屋でサンドイッチを食べてきたが、、、それで昨日はパンとチーズ、、、だから残るはタマネギだけなのだ。「ああ、豆腐と白菜があれば湯豆腐でもするのになあ〜」と想像して、「こうなったらタマネギで湯豆腐みたいに喰ってやろう」と、ヤケクソで鍋に丼2杯の湯を沸かして、そこに味海を入れて、そこにタマネギを8当分に切ったものを入れて、お椀にナロガ味噌(潮麦味噌にコチジャンや昆布醤油を入れたモノ)とレモン汁でタレを作って、煮えたタマネギを食べてみたら絶品でなあ、、、多分こうやってタマネギ食べた人いないんじゃないか、、、これでワイン飲んで、、、冷やご飯を残り汁に入れてオジヤにして、そこに順氣粒を振りかけたらこれがまた絶品でなあ、、、腹が空いてたから旨かったのか、何も無くなったから旨かったのか、それともこの料理(ただタマネギ煮ただけだけど)がそもそも旨いのか、、、とにかくユウジもナオちゃんとケンカした時、独りで作ってみろ!

続カマド作り

最初にここで採れる泥石でカマドを作ってみて、解体したら石はなんともなかった。土もセメントを少なくした方が耐熱度が良い気がしたので、今回は10対1の割合で作って見る。これで保ちそうなら、屋根石や石壁の目地にも使ってみようと思う。市販の砂や砂利は高いし運ぶのも大変だからね。

直径40センチ高さ40センチの大きな寸胴をカマドで包むようにした。

写真では判り難いが、カマドと寸胴は少し離れていて、上の方でくっ付いている。だから寸胴は底だけでなく周りの部分も炎に包まれるようになってる。作っていく時、カマドの真ん中に30センチ角の角材を置いて、その上に寸胴を置いて上部の石を湾曲させながらくっ付けた。火入れの時、下に置いた角材が燃えてしまえば、寸胴は宙吊りになるという計画だが、、、50リットルの水が入るので、上部は固まった土で固定されるので、多分50キロくらいの重量は支えられると思うのだが、、、チョットスリルだよなあ、、、まあナロガのモットーはスリルとサスペンスだから、、、

おお、夢中で作っていたら暗くなってきた。もう午後10時なのに外はまだこんなもんだよ。

カマド

ユウジにヤカン一杯のお湯で身体を洗う方法を書いていて、ケン達が来たらヤカンでは間に合わない事に気付いた!

4人になるからヤカンでは 、、、それで思い切って、これまでのストーブを取り外し、たっぷりお湯を沸かせるカマドを作ることにした。

今度は湧いたお湯が冷めないで維持できる工夫をするつもり。