タコモンジャ

今日は日曜で、マリアとルシアからLEOを見に来ると連絡があった、、、それで2時に俺がPillar婆ちゃん家に行く事にした。タコ焼きを食べさせて見ようと思ってね、、、

その前にルシアがLEOを抱いて行ったので、俺は昨日のムール貝のスープで小麦粉を溶いて、冷凍してあったタコを切り揃えて、携帯ガスコンロも用意して、準備万端出かけたんだ、、、テーブルの上でみんなでやれば面白いと思ってね。

ところが焼き始めて随分経つのに一向に固まらない、、、でオカシイなと思って火加減を見たらガスが無くなっていた、、、慌ててピラールのガス台に移し替えて、焦げてきたのでピンでひっくり返すが、これも上手くいかない、、、俺が来たからLEOはキャンキャン鳴いて俺の足にしがみつく、、、タコ焼きは下が焦げているのに、上はドボドボで、、、もうタコ焼きかモンジャ焼きか分からない状況になってなあ、、、マリアが「パンとスープと豚の耳があるからこれ食べましょう」と云う、、、テーブルの上にはホントに大きな耳があった、、、「私はお腹がフルです」と言って、タコ焼き止めて帰ってきた。

天気予報が明後日から雨だと云う、、、ずっと快晴続きで、積み上げてあった土石はカラカラに乾いてる、、、雨の降らないうちに篩っておかないとなあ

選別台はシッカリ作ったから揺らしてもグラつかず作業は順調、、、よく乾燥してるから、歩留まりも良いよ、、、手前が土石の山、奥の左側の細かい砂と右側の大小の石の量を見てごらん、、、砂の方が石よりも量が多いだろ、、、乾いてるから土が石にくっ付いていかない。以前はこんなに乾燥してなかったから、砂より石の方が多くなっていたんだ。

夕食は再度タコ焼きに挑戦、、、

やはり上手くいかない、、、焦げて焼きあがっているように見えても持ち上げると崩れてしまう、、、どうも柔水が多過ぎたみたいだ、、、材料も余ってるし、焼き損ねたタコ焼きというかモンジャ焼きというかそれも余ってるしで、、、結局お好み焼きにしようとフライパンに全部入れて焼き直したが

裏返せるほどには固まらない、、、ムール貝のスープだから味は良いんだが、、、お粥状でグラタンみたいな、、、食感がなあ、、、独りで食べ切れる量じゃないし、、、ゲプ、、、で、LEOに食べさせてみたら、、、これが喜んで食べてくれてねえ、、、つい先日までミルクだけだったのに、、、いくらでも食べる、これ二杯目!

 

大掃除

LEOが本性発揮、、、朝起きたら台所は

ずっと掃除もしていなかったし、棚もグチャグチャになってたから、今日は朝から大掃除した。作業小屋にスペースも出来たから、すぐ使わない乾物類は通路側に移動、ストーブも外してスッキリ

土埃が積もっていたので箒で掃き取り、掃除機かけてモップもかけた、、、LEOがアチコチにオシッコしちゃったからなあ、、、作業場との間に仕切り入れて、夜は進入禁止だ。

ジャガイモの袋を作業場に移動したら全部芽が出ていて、慌てて芽を欠き取り灰の中にしまい込む、、、せっかくの頂き物だ、無駄にはできんからなあ

昨日ムール貝を買って来たので、ムール貝のスープと茹でジャガイモ、、、実に旨い、、、ムール貝も凄く安くて、これで200円ほどだよ、、、とても独りじゃ食べ切れないから、スープは冷凍し、貝の残りは佃煮だ。

買い出し

今日は屋上のコンテナと作業小屋の接点を塞いだ、、、屋根勾配もチグハグで屋根材もチグハグ、、、厄介な場所だ。

アスファルト波板をバーナーで炙って平たくして、、、あてがっておいて又バーナーで柔らかくして屋根の形に曲げる

その上にタールを塗って、Tシャツの布切れを貼り、、、ハハハ写真アップしてごらん、、、背中に印刷した響のロゴが見えるだろ、、、これは寺が作った「念仏Tシャツ」で、もう10年越しに着ていたが、先日溶接の火花が燃え移ってとうとう着れなくなった、、、ここに来て雨風を防ぐ仕事を引き受けるんだから大したヤツ(アッ…ヤツじゃなくてシャツだった)じゃないか!

再びタールを厚塗りして

続きは昨日残っていたトタン板を30センチ幅に切って角曲げし、ビス留めして出来上がり

3時頃で終わったので、ずっと野菜を食べてないのでリバデオデオまで買い出しに、、、ユウが帰ったのが先月11日だから1ヶ月半近くだなあ、、、まだREO独りで留守番は無理なので一緒にドライブ

暖かい上天気で、グネグネ山道うぃ降りて行くと

下界はもう春が来ていたんだなあ、、、

リバデオは車で1時間弱の美しい港町だ

REOの背後に広大な干潟が見えるだろ、、、ここは潮と淡水が混じり合う素敵な場所だ、、、米を作ったら凄いことになるがなあ、、、もう少し落ち着いたら市に提案してみようと思うんだよ。

買い物済ませて帰宅、、、REOは終始大人しくしていたが、台所に入ると大はしゃぎ、、、

しかしスペイン、物価は安いなあ、、、このパン5個で1ユーロ、130円だよ!1個じゃないよ5個でだよ!以前助産寺でパンコントマテ作るのに、こんなパンを探して買って来て貰ったが、確か130円だったような気がする、、、それだと5倍だよなあ、、、何故こんなに安く作れるのかなあ?

採光は最高

今日は吹き飛ばされてヒビの入ったプラ波板を使って、作業場の上部をグルリと採光できるようにした、、、ヒビが入った部分を避けて切り取っては張っていったら、丁度使い切れて凄く気持ちが良い、、、新品でスッキリ作るのも良いが、普通なら廃棄するモノを上手く再利用できると嬉しいもんだな、、、割れて煤けていた時はこの波板も「どうにでもしてくれ!」と不貞腐れていたが、今はヤル気出して日光を引き込んでるだろ!

壁の三方から光が入るから明るいよ、、、大工作業は明るくないと困るからね。

コンテナには東側にひとつだけ窓があるが、作業場をつないだから暗くなる、、、それで窓の位置の屋根もプラ波板にしたんだ、、、朝日が差し込むようにね。

上の写真はコンテナ内部から作業場の入り口を撮ったもの、朝になるとこの屋根のプラ波板部分からコンテナ内部に朝日が差し込むんだ。窓の鉄格子が目障りだな、、、切り取るわ。

旧台所と旧作業小屋とテントの残骸は全て捨てずにほとんど使い切って、残りはトタンとアスファルト波板の半端モノが数枚だけ!

まだコンテナと作業小屋の屋根の取り付け部分を塞ぐ必要があるので、この半端モノも細幅に揃えて切断し、この隙間を塞ぐ材料にするんだ、、、どんなモノも捨てないでピッタリ使い切るぞ!

写真にするとアラが見えないが、屋根に上がるとツギハギだらけのバラックなんだが、それは廃材で作ったんだからしょうがない、、、それで屋根の上で一服していて思い出したよ、、、

俺が47歳の時だから23年前に俺は『あの方』と出逢った、、、『あの方』は俺に「二人で世界の乞食になるか」と仰った、、、俺はその出会いの2年前に肺結核を患い、1年前には肝臓ガンを宣告されていたから、もうどうでもいい気持ちで「面白いですね、なんでもやりますよ!」と答えた、、、ところがその出会いから半年後ガンは消滅してしまってなあ、、、男の約束反故にはデキン、、、それで今こうやってスペインの山奥のバラック小屋の上に座っているわけで、、、「アッ、、、ホントに俺は世界の乞食に!」と思って独り笑いしたんだよハハハ、、、それで「二人でという約束なのに先に逝っちゃって、それは無いんじゃないの?」と青空に向かって問いかけたら、空全体が「いやこうやって一緒に居るじゃないか、どうだい世界の乞食になった気分は」と言った感じがして、「イヤア最近は廃材まで話しかけてきて面白い事は確かなんですが、この腰痛は何とかなりませんかねね?」と頼んでみたら、そんな事まで面倒見られんという感じで、スッと気配が消えたよハハハ。

ところでユウジ、昨日俺は廃品回収のアイディア思いついてなあ、、、世界の乞食→廃品回収のアイディア、、、ドンドン堕ちるな、、、でもこのアイディアはヤル気のある者がやればかなり面白い事になるよ、、、一静トリオがヤル気出してるところだから、彼女達に話しておくよ。

命名

今日は朝から外壁作り、外壁には屋根材用のアスファルト波板を張っていくのだが、横に打ち付けた貫材をそのまま棚に利用すれば良いと思いついてね、材料節約にもなるし、作業場は小道具の置き場ならいくらあっても良いからね、、、ところが棚板にするには捩れを修正しなければならん、、、日本の規格品とは違って、長さも、厚みも、直線度も、、、全部少しづつ異なってるんだ、、、使い難いぞ〜ユウジ、、、それでクランプで締め付けて捩れを直しながら組んでいく。

今日は俺が屋根から降りて下に居るもんだから、レオが纏わり付いて離れない、、、ああ、そうだ、、、仔犬はレオと名付けたよ

歯が生えてきてるからむず痒いんだな、とにかくナンでも噛みたがる、、、電気コードを噛もうとするので困るよ、、、こっちは240ボルトだからなあ、感電すると死んじゃうよ!

採光用に透明波板を洗う、、、旧台所が吹き飛ばされて薄いプラスチック波板が割れ残っていたモノだ、、、酷く煤けてるので洗剤で洗う、、、こんな残骸使えるのかと不思議だろうが、うまく使える場所があるんだよユウジ、、、明日の写真で分かるよ。

作業小屋外壁作り

一応屋根が完成したので今日から外壁作りだ。コンテナとの接続部分は片方が鉄だから、ボルトを溶接して間柱を取り付ける。これまで雨が降ると四隅の角パイプのところでポチャンポチャンと音がして、これはどうも角パイプの中が詰まっていて水が溜まっているなあと思っていたので、この際それも直そうと気が付いた、、、それで角パイプの下端を切り開いたら、、、

予想通りゴミがビッシリ詰まっている(俺がユウジに説明しようと指差すと、仔犬が遊んでいると思って指に戯れついてなかなか写真撮れない!)

相当上まで溜まっていて道具がないと掻き出せない、、、それで急遽掻き出し棒を作って、、、

根気よく掻き出したらこんなに詰まってた!多分、前の持ち主も俺と同じように四角に土台を置いてコンテナを据えたんだろうなあ〜そうするよなあ誰だって、、、コンテナ設計した奴は雨水の出口を考えなかったのかなあ、、、

これじゃあどう考えてもゴミ詰まるよなあ?

ユーザーから苦情が来ないのかなあ?

全く不思議な国民性だなあ?

日本の土建屋にこんなモノ納めたら叩き返えされるがなあ?

また手間取ってしまったが、こういう細かいところをキッチリやっておくと後が良いからなあ、、、で、コンテナの角にボルトを溶接し始めた。さっきまで散々ジャレついて邪魔してた仔犬は溶接の火花に驚いて隅に縮こまっているハハハ

それにしても自在足場はホントに便利だよ、、、特に溶接作業なんかは足場の高さや位置が的確だと安全だしな。

ナロガの朝

好天のナロガの朝は、山裾から真っ白い霧が立ち昇ってくる。

無風だが霧の動きは驚くほど早い。上の写真を撮って1分も経たない内に下の写真風景だよ

俺が屋根葺いている間、仔犬は下で歩き回ってる。台所の土間と作業場の土間は20センチくらいの落差があって、仔犬はそこを超えられない、、、さっきコンクリートブロックを置いてやって作業場の方に降りれたんだが今度は攀じ登れなくてキャンキャン泣いてる、、、さっき降りたブロックの場所を通れば登れるのに、まだそこまでの知恵はないんだな、、、排水管に足かけて登ろうとすると丸くてツルツルだから足が滑ってしまうんだハハハ

何度やってもダメで、今度は俺を見上げて助けに来いと泣いてる、、、困ると俺を呼びつけるとこなんかレナリとソックリだなあ、、、呼ばれる度にハシゴを降りなきゃならん、、、ヤレヤレ!

クズ鉄屋で貰ってきた鉄板や台所の焼けた波板をツギハギして、どうにか屋根は葺き終わった。アスファルト波板は足を乗せると破れてしまうから足場板を置かないとビス留め作業が出来ないが、足場を置くと波板の調整が出来なくてなあ

煙突部の壁土が乾燥したので、思いっきり火を焚いてみたが亀裂は全く無かった、粘土に2割ほどのセメントと枯草を混ぜるたのが良かったようだな 、、、これくらいシッカリするならカマドもこれでイケるな!

陽が落ちて夕食、、、仔犬はまだ固形物が食べられなくて、、、

上が俺の夕食で、下が仔犬の夕食、、、俺のは古キムチのチゲで、仔犬のはパン粥だがあんまり変わらんなあハハハ

シェパードが来た

つい先刻Pillar婆ちゃんとマリアが仔犬を抱いて現れたので驚いたよ!

ルシアがネットでシェパードの仔犬を見つけてくれ、マリアが受け取りに行ってくれたらしい、、、スペインには各地に身寄りの無い犬のセンターがあって、そこに行けば好きな犬を貰えるので、今度一緒に観に行こうという話だったが、俺が「シェパードの仔犬」と言ったので、センターではやはり良い犬はいないという事で、良い仔犬が居る愛犬家を探して交渉してくれたらしい、、、費用はかからなかったと云うが、多少は払ったんじゃないかなあ、、、

というのも以前エンドリッケ(どうもエンリケじゃないらしい)に頼んだら「良いシェパードは番犬の需要があって500ユーロくらいかかる」と言っていたから、、、まあ牛糞運びのお礼の意味もあって、喜ばそうと黙って世話してくれたんだなあ!

度胸のある犬だよ、初めての家で数時間しか経っていないのに、我が物顔で歩き回り、俺の足にじゃれついくる。

コンテナに入ってドア閉めたら寂しがってドアの外で10分くらいクンクン泣いていたが、すぐ諦めて段ボールの自分の寝床に入ったようだ。

今日はもう1つ嬉しい事があったよユウジ、、、オマエH子知ってるかなあ、、、H子は北海道のウチの農場に行っていたんだが、秋口から俺の息子の会計をやる話になっれ福井県に行ったんだ。

彼女を北海道に行かせたのは、まず身体つくりをやるべきだと思ったからなんだが、都会で一流企業のOL生活を送ってきた女性には無理なところもあったんだろうなあ、、、息子と気が合うようで、俺としてはそれはそれでいいんだが、息子もH子も俺の言いつけに背いた事を気にしたのか、ここずっと音信が無かったんだよ、、、その内何か言ってくるだろうとは思っていたんだが、今日一静の元に行ったようで、一静からスカイプがあってその場で久し振りに話す事が出来た、、、仕事も順調な様子で安心出来たよ。

人間には其々個性があって、それは言わばこの世で生きていく上でのツールだが、ツールを使って生きる以上、ツールに合った仕事をしなければならん。だからH子にも「ナオちゃんの人間診断」受けるようメールでも出そうかと思っていた矢先でなあ、、、まあ一静やナオちゃんと繋がっているぶんには何処で何しようと大丈夫だな。

『あの方』が帰天されて俺も今までの集まりからは一旦身を引いたわけだが、やはり縁のあった者からの音信は嬉しいもんだよユウジ、、、何処でどんな生き方をするにせよ、遅かれ早かれ人生の幕は降りるワケで、幕が降りて人生という仮想現実から楽屋という本然の世界に戻った時、嬉しく再会できるようにしたいもんだなユウジ、、、。

ナンダカンダでまだ屋根葺きが終わらないんだよユウジ、、、まだ数日好天続きのようだから慌てないがね、、、永遠に明日はやってくるよ。

続々独り建前

此処の台所はくの字形になっていて、後ろの方でコンテナに入るドアがあるんだが、そこと作業小屋が行き来できるようにする。それで張ってあるプラスチック波板を外さなければならん。屋根が下がっていて取り付けがややこしいので天井部分を細工するのに足場が必要、、、こんな狭い場所でもユンボに装着した足場を突っ込める、、、ホントこれがあると助かるよ。

鴨居と梁を避けてうまく納まってるだろ!高さも自由に調節できるし、ホント助かるよ、、、ハシゴじゃ身体がフラついて込み入った仕事はできんからなあ。

次に屋根の垂木を打ち付けようとしたら、材がグネグネ曲がっていて、その上節が多くて運ぶだけで折れてしまう、、、旧作業場を解体してから長く外に置いたから、濡れたり乾燥したりして、、、しかしこれくらい曲がった垂木なんて、、、あり得ないよなあ!

拡大すると分かるだろ、、、このまま使ったら波板張る際折れて落ちちゃうよ。

それで危ない箇所は添え木して補強する。

ハハハこれじゃまるで複雑骨折だな、、、こんな垂木使った家、日本じゃ絶対見れないなあ!この辺は山林が多くて製材所も沢山あるんだが、木の枝打ちをしないから節が多くてまっすぐな材木が取れないんだな、、、日本の間伐材を輸入すれば良いと思うんだがなあ。価格からみて、充分採算取れると思うが。間伐材でも日本のモノは節が無いからこっちに持って来たら高級木材だよ。

垂木を使えるようにするだけで1日かかっちゃった、、、ユンボで上に上げて今日は終了だ。

続 独り建前

天気予報通り、今日は朝から快晴で風もなく暖かい一日。仕事してるとTシャツ一枚でも汗ばむほど、、、此処は水が良いからありがたい、、、水道から出てくる水はいつも冷たくて美味い、、、塩素臭も全く無くてこんな水は日本でも水道からは呑めないなあ、、、

柱も梁も全部下見板で作っているが、切り込みを入れて格子に組んだから案外シッカリできたよ。一応3センチ×10センチ×2.5メートルとなってる板だけど、長かったり短かったり曲がったり捻れたりしてるから、接合部分をクランプで締め付けて修正しながらビス留めしてる。

日本だったら誰も買わないような材だがそれでも一本2ユーロ(260円)するんだよ。でも比較的安いから50本買っておいたんだ。まあ10畳の家が13000円の材で建てられるんだから安上がりだよな、、、遠目には判らんが端切れもこの通り繋ぎ合わせて無駄なく使い切ってるんだよハハハ。

すっかり陽が長くなった。目印線が見えなくなったので台所に戻ったら午後8時になってた。漬物は人参、、、糠床は糠が無いからパン床で漬けてるが、匂いも味も全く変わらない、、、このパン床はユウが作っていってくれたモノだが塩加減もちょうど良くて良い味出してる、、

独りだと料理する気にならないが、冷凍してある常備菜を朝出しておけばそのまま食べられるから早いもんだ、、、ぬか漬けは切らないでそのままバリバリ食べると旨いよ、、、ポテトサラダは水っぽくなってイマイチだなあ、、、昆布と椎茸の煮付けは解凍したままでも美味い、、、野菜は冷凍出来ないからヤッパリ冷蔵庫は必要かな。

ところで一静が最近ヤル気を出しててね、、、レナリを手放した苦しみを乗り越えたせいかも知れないが、、、イヤア〜ナオちゃんやサキちゃんがいてくれたからホントに助かったよ、、、それで3人トリオでグングン進む勢いが伝わってきて俺も啓発されてる。

実際女性の時代が来た感じがするなあ、、、近年女性の大統領も輩出するようになっているが、俺が見た感じではまだ「オトコ女」という感じで、本来の女性の良さというか女神的というか、そういう人が出てきてないのが残念だ。

前にも書いたが、今政治で最も求められる政治家は、軍備の放棄を主導できる人だよ、、、日本のバカ議員は「安全保障、安全保障」とバカのひとつ覚えのように叫んでいるが、お互い武器を手にして安全なんか保証されるワケないじゃないか、、、それも核という地球自体が破壊されてしまう武器を抱えて、、、本当に安全の保証が欲しいなら、誰かが軍備の放棄を実践して見せる以外道はないよ、、、それが出来ないのは武器を手放したら侵略されるという不安だな、、、それこそ幻想だ、感念、思い込みだな、、、そこに気がついて団結して軍備放棄を主導出来るのは女神的な女性だと思うんだよユウジ、、、

日本は島国で経済力もそこそこあって民度もまあまあだから、軍備放棄という画期的な政策を実行するには理想的な条件が揃ってる、、、今それをやったら大成功すると思うよ。そもそも軍備放棄は憲法で謳っているんだからね、、、「自衛隊を持たないなんて非現実的」と云うヤツが多いが、実は自衛隊で安全が保証されるという考えこそ非現実的だよ、、、実際北朝鮮のミサイルが日本列島の上を飛んでも自衛隊はどうしようもなかったじゃないか、、、だからもうこんなバカな軍拡競争はやめて軍備の放棄を宣言し、米国との軍事同盟も解消して、同時に世界各国に特使を派遣して、「軍備を放棄しましたからお互い侵略しない平和条約を結んで下さい。」と頼み回れば良いんだよ、、、軍備を放棄した国に平和条約を断る国があると思うかいユウジ、、、。

そうすれば日本は国防費だけじゃなく、軍備を放棄した国以外には海外援助できませんと云えるから莫大な予算節約になる、、、すぐ世界一の福祉国家になれるよユウジ。

これは男にはできない、、、女性が団結すれば出来ると思うがなあ、、、。

さて、俺は明日屋根葺くから政治は女性に任せてもう寝るわ。