工程変更

作業小屋の屋根は一度吹き飛んで、その後シートを被せて応急処置したんだが、又強風が吹いてきて破れてきた!

昨夜も一晩中バタついていて、どうもビニールハウスが完成するまで保ちそうにない、、、それで工程を変更して台所部分を先に作ることにした。台所の柱や屋根は、作業小屋を解体した材料で作る予定だが、このまま作業小屋が吹き飛ばされると、屋根材が壊れて使えなくなるから、今の内に解体するのだ。

吹き飛ばされない内に、中の機械工具類を整理してコンテナや台所や車の中に仕舞い込む。

グチャグチャになっていたネジや金物類を慌てて整頓。

電気があるから暗くなっても屋内作業は続行可能!(しかし台所も作業小屋も風がビュンビュン入ってきて、、、これで屋内と言えるかな、、、?)

ところでユウジ、話は飛ぶが日産のゴーン会長が逮捕された事件で、日本の庶民は大半がゴーン会長を強欲な悪者と思い込んだようだが、(まあ強欲ではあるが!)逮捕理由が「報酬の虚偽記載」というのは奇妙だと思わないか?だって決算報告や有価証券報告などというものは企業組織がやるもので、社長や会長がパソコン打ち込むわけじゃないよな。それをいきなり会長や副社長を逮捕するなんて乱暴過ぎると思わないか?

そもそも日本検察の「特捜」というのは敗戦後GHQが軍需物資を探し出す為に作らせた組織(つまり米軍が軍需物資を確保する為の組織)だから、生い立ちからして米軍の手先だったわけで、今でも米国の影響を強く受けているんだ。世間では特捜が大物政治家の監視役を果たしているように思っているが、今の検察やメディアが正義を行うと勘違いしちゃダメだよ。

昨日になって、ゴーン会長が隠していたという50億円の報酬が、実は彼がが退職した際に受け取る退職慰労金で、それはまだ支払われていないという事が判明したらしい。退職慰労金なら払っていないのは当たり前だし、払っていないものを記載するわけもない、、、検察は振り上げた拳を下ろせなくなったようだな、、、何とか違反理由をこじつけて格好つけるだろうし、日本のメディアは例によってスルーしてウヤムヤにするだろうなあ、、、一方米国の大統領はサウジ皇太子を追求しないと宣言したし、もう政治も司法もメディアも正義なんか公然と踏み躙って、我利我利亡者一直線だなユウジ、、、俺たちの可愛い子供達はこれからこんな世界で生きて行かなければならないのだ、、、しっかり向かうべき道を示してやらないとなあ、、、大人たちの責任は重大だよユウジ。

引き続き作業小屋造り

ビニールハウスを建て直して作業小屋に、、、というアイディア、、、後々は家庭菜園にという事で、確かに良い発想だったが、とにかく風当たりがトンデモなく強い場所なので、風に負けないように造らねばならん、、、これがなかなか厄介なんだ。

ビニールを張った後、ロープで細かく抑えていくという方法もあるが、日本では台風が来ると、ビニールを外してしまう。台風くらいの強風になると、ビニールが擦れて破れてしまうからだ。しかし作業小屋に使うとなると、中に機械工具をセットするから、ビニールを外すわけにはいかないからなあ、、、上からロープをかけないで固定させるには、内側でハウスの骨組みを地面にシッカリ牽引して置かなくてはならない。それで色々知恵を絞ったあげく、下の岩盤に鉄杭を打ち込んで、そこから鉄線でハウスを固定させる事にした。念の為、周囲に松の廃材を置いて、これも土間コンクリートで固定することにしたよ。

まず二組のハウスを連結して2×6メートルのハウス骨組をセットして、縁周りに廃材を水平に置いて、中を一段高くする為に土を入れる。(網袋に入っているのは、大きな石を取り除いた土)

ビニールハウスが低かったので、鉄パイプを継いで50センチばかり高くした。それでビニールの丈が足りなくなるので、側板を付ける。

日中の気温はそれほど低くないのだが、風が強いのでホントに冷える、、、ここでひと休みして、以前ヒデから貰った貴重な泡盛の古酒を一口!

冷え切った身体を強い酒で温めてもうひと仕事だ!

作業場造り

作業小屋の屋根が破れてしまったが、どの道、母屋が出来上がれば撤去する予定だったので、この際別な場所に作業小屋を建てて、従来の小屋は解体する事にした。

解体したら屋根材は台所 に使いたいが、新作業小屋が無いと機械工具の置き場所が無いので、まずビニールハウスを建て直す。

敷地を完成高に削り直してハウスの骨組みを据え付ける。水準を測るレザー水平器はあるのだが、安物でレザーの光が薄くて見えないんだ。真っ暗になると見えるが、夜中に作業するのは、、、で、昔ながらの水平器を手作りして、、、手間はかかるが間違いはない!

明日は土間舗装だ。寒風が身に染みる!
“作業場造り” の続きを読む

ここ数日の経過写真

まずコンテナを設置する場所の斜面を造成して

設置場所に水が溜まらないよう中高に均し湿気を防ぐシートを張って

ソロソロとコンテナを浮かしながら移動

で、据付け完了

ヤレヤレ、これでとりあえず暴風で眠れない事は無くなった!

人並の生活

ユウジ、やっと人並みに食事と睡眠が取れるようになったよハハハ!

吹き飛んだ台所の屋根と作業小屋の屋根を修繕して、コンテナを据える事ができた。17日にユウが来てくれて、ゴッタ返しになっていた家財道具も整頓されて、、、イヤア、、、テントが引き飛ばされて以来、ホントに食事らしい食事がやっと戴けた、、、人は逆境に陥るとよく言うじゃないか「せめて人並みな生活が」と、、、でも人並みな生活ってナンダろうなあユウジ、、、風雨の中で屋根も無い状況になれば雨が凌げるだけでも凄くありがたいものだが、、、数日すると「せめて隙間風の入らない部屋が、、、」となり、風を凌げる部屋ができると、「暖房が欲しい」となる。

そういえばネズミのレナちゃんとシマちゃんは、暴風が来た途端姿を消して、収まったら何事も無かったように顔を出してきた。偉いモンだなあネズミは、、、災害が襲う時はちゃんと察知して石壁の穴に籠るんだな。俺だってネズミみたいに無一物なら、何処か穴にでも逃げ込めばそれで済むんだが、如何せん持ち物が多いからアタフタするんだなあ、、、まあこれも自業自得。

昨日はかき揚げ作ってもらって美味しく戴いた。

今朝はかき揚げの残りで熱い天ぷらウドン、富山のお母さんからのニンニクの味噌漬け、、、長く寝かせたモノだからニンニクが飴色になってて絶品だ!思わずご飯も食べちゃった。

ユウジ、もう俺は急がないでやるよ。台所や作業場も、シッカリしたモノを作って、寝場所も快適に過ごせるようにする。どんな天候でもユックリ休めるようにして、それから母屋に取り掛かることにしたよ。

今の作業場を取り壊して、屋根材を台所の屋根に使いたいので、吹き飛んで骨組みだけ残っているビニールハウス2つを繋げて、この骨組みを補強してビニールを張り直し、壁は板を当てて、暴風でも飛ばないよう作り直して、これを作業場にする。これが出来上がったら、そこに機械工具を移動して、それから台所を作る。

明日は作業場を建てる場所の地盤を60センチくらい下げて、コンテナの敷地と同じにする。母屋のフロアの高さと合わせる為に、敷地全体を下げる必要があるんだ。それで今回コンテナを建てた場所は、その高さに合わせて造成したんだ。

明日はそれから手をつける。

山のようにあった、洗濯物も電気が来て、洗濯機が使えるから、ユウがもう衣類はほとんど洗ってくれた。布団もシーツも洗ってくれるというから、もうホントに天国だわ!

続 悪戦苦闘

3日前、農道を引き摺ってナロガの入り口まで辿り着いたが、風雨が激しくて2日作業出来なかった。

いつまで車に閉じ篭っていても始まらないから、小雨になったのでユンボで引っ張る。

ところが私道は登り坂で滑り止めのミゾがつけてあり、ヘタクソな舗装で片側に傾いていて、引っ張っても動かない。このハウス随分重いんだ。フト思いついて、腐りかかった廃材を下に敷いたら濡れてヌルヌルだから上手い具合に動き出した。でも道が横にも傾いてるから、こんどは横にズレて、、、

そのうち吊りバンドが切れて、、、もう独り仕事だから大変だったよユウジ!

道は途中から石板積み上げてあって、コンテナが道からはみ出すし

廃屋の側は隙間15センチ、10センチほど引っ張っては飛び降りて敷板調整、また10センチ動かして飛び降りて敷板調整、、、やっとナロガの台地に運び入れた。

ここまでが昨日の仕事。とにかく2週間暴風雨が止まなくて、、、台風なら半日も我慢すれば過ぎ去るのだが、、、2週間ぶっ続けだからもう何もかも吹き飛ばされて、、、今朝になってやっと日が照ってくれた。

もう着の身着のままで、、、急いで湯を沸かし、2週間ぶりに身体を清め、服を着替えてサッパリ。

さて、次の暴風がいつ襲って来るか知れないから、コンテナをシッカリ設置しなければならない。見ての通り無粋なシロモノだから、母屋の近くに置くと後で動かさねばならない。それで手間はかかるが25メートルほど離れた場所に据える事にした。今は寝場所に使うが、家が出来上がったら倉庫として使うからね。それで台地を拡げる為、更に斜面造成工事に着手。岩の筋目を読めるようになったから、最初ほどは手間取らない。今日は3分の1くらい出来たかな。

ずっと料理らしきもの口にしてないが、17日にユウが助けに来てくれるから、それまでタラムンディパンでも齧って頑張るわユウジ!

でも妙なもんだなユウジ、、、3日前、迂回した丘の上の農道で立往生してな、猛然と雨風が吹き付けて来るし、もう身体も冷えてどうしようも無くコンテナの中に飛び込んだんだ、、、そしたら当たり前だがピタッと風も雨も当たらなくなってシーンとして別世界、、、これは自分で作り上げてるドラマ(幻想)なんだという感じがなんか凄くリアルに感じてなあ、、、しばらくそうやって休んで、「さてドラマの続きを演じるか、、、」と、独り言言いながら外に出たんだが、、、後の作業は観客の居ない独り芝居だと気がついて凄く楽になったんだ。ハハハ、、、。

「どうでも良いや」という心境は、ある意味「諦観」だよな。まあ諦めるとも言えるが、放り投げるんじゃない諦観もあるんだなあ、、、結果にこだわらず黙々と続けるというか、、、力むのを止めるというか、、、まあそういう感じだな、、、疲れたらコンテナに入って、また出てきて、、、そういう心境で動き始めたら、その辺から人が全く通らない道だから、長い牧草がビッシリ生えていて、滑りが良くなり、無事にピラール家の背後に出る事が出来たんだ。

 

世界の前に俺が崩壊

ユウジ、世界が崩壊する前にナロガが崩壊しちゃったよ!

4月にここに移住してきたんだが、毎日毎日霧と雨でなあ、ナロガはこの辺の山並みの頂上近くなのに、風はそんなに吹かなくて「まあ台風が来ないから良いかも」と、思っていたら、秋が深まった頃から段々風が強まったなあ、1週間ほど前から立っていられないほどの暴風雨になって、とうとうテントが吹き飛ばされてしまった!

台風は半日もすれば過ぎ去るが、ここの風雨は何日も続くんだ。最初、弱い処から破れ始めて、夜中にアッチコッチ補修に駆けずり回っていたんだが、とうとうテントが吹き飛んでしまった。洗濯場にしていたビニールハウスも、ユンボの車庫にしていたビニールハウスも、作業小屋も台所も、全部壊滅状態だ。

それでもうどうにもならないので、工事現場で使うコンテナ型のプレハブ事務所で中古の安いヤツがスペインにもあるはずだと思って、いつも通訳して貰ってる人に探して貰ったんだ。

そしたら日本の倍くらいの相場なんだ、、、多分日本なら15万円くらいのモノが30万円もする。それに運賃も高くて、、、俺の手持ち資金では足りなくなっちゃった。

テントの中に収納してあった衣類や穀物は、車の中に放り込んだが、作業場の工具類は置き場所がない、、、やはり買うより仕方ないと思って、屋根材を買う金でそのコンテナを買ったんだ。

ナロガに入るには、ピラール家の門を潜らねばならぬから、その手前にトラックから降ろして、ソロソロとユンボで引き摺ったんだ。

門の高さは2.7メートル、コンテナの高さは2.6メートル、、、10センチ余裕あるから大丈夫と思ったのが大間違い!下のコンクリート舗装が凸凹で、、、

引き摺っている内にコンテナが門の下端につかえてニッチモサッチモ行かなくなっちゃってなあ、、、ピラール夫婦が出て来て、「まあコーヒでも飲め」と言う。

ピラール家はいつも朝沸かしたコーヒーを温め直しては飲むんだ。あの臭い部屋で朝沸かしたコーヒー、、、まあ大抵の日本人は気持ち悪くて飲めないと言うだろうなあ、、、でもピラール婆ちゃんは俺の身体を心配して、自家製蜂蜜と強い酒をタップリ入れて「これを飲めば力が出るよ」と言うんだ。

風雨の中で冷え切った俺がどんなに美味しくそのコーヒーを頂いたことか、、、あの豆がどうの、この豆がどうのと言い合うコーヒー通が飲むコーヒーと、出がらしのピラール婆ちゃんのコーヒーと、どっちがホンモノなんだろうなユウジ、、、俺は今まで飲んだコーヒーで今日ほど旨かったコーヒーは無いよ。

それで気を取り直して、ぐるっと迂回して、ピラール家の後ろの農道を引き摺ってナロガへの私道に入れたんだ。悪戦苦闘でヘトヘトになったが、ピラール夫婦は俺が彼らの門を壊しかけているのに、嫌な顔ひとつしないで慰めてくれるんだからなあ、、、そのおかげで、それまで通電の件でも、関係者の欲張りに嫌気がさしてちょっと脅かしてやったりして、懲らしめてやろうと俺も険悪ムードだったんだが、何だか「まあ良いか」と素直な気持ちになれてなあ、、、コンテナ買ったせいで、屋根を作る木材を買う資金が無くなって、どうやって冬越しするかと案じていたんだが、なんだか子供みたいな気持ちになって、、、変に意地を張らず、義兄と息子に50万づつ出してくれと頼めたんだ。ハハハこれでナントカ冬越しの準備はできそうだ。

世界が崩壊する前に警告した本人が崩壊したんじゃなあユウジ!崩壊しても残るモノはピラール婆ちゃんが示してくれたような真心じゃないかなあユウジ。

 

SHU KOJIMA

昼間からの風雨が夜になって強まってきてな、、、テントだからバタついて凄くうるさいんだよ、、、早めにベッドに潜り込んだがとても眠れる状況じゃない、、、それで携帯で動画を見たんだ。

こういうのナント云うのかなあ、ホームページとは言わないだろうし、プロモーションビデオと言うのかなあ、、、とにかく製作者はSHO KOJIMAという若い写真家というか、とにかく芸術家らしいんだが、俺は芸術世界に疎くて、絵や音楽、踊り、写真などはどうも敬遠するのだが、ホントに久しぶりに衝撃を受けたよ!

一静が昨日の朝この人のサイトを見てみろとチャットしてきて、俺はテントや台所が暴風でメチャクチャで、それどころじゃないから放っておいたんだが、先程眠れぬままにこのサイトを開いた次第。

イヤア、、、映像を見てこんな感じを受けるのは40年ぶりかもなあ、、、俺は20歳から40歳までを過ぎるまでを土木業界と裏社会の二足の草鞋を履いて生きたんだが、30歳の頃、歯医者に行って待ち時間に待合室で、確かアレは「アサヒグラフ」とか云う季刊写真集だったかと思うんだが、その中に「労働の尊厳」という題材の写真が載っていたんだ。

それは外国人カメラマンの作品で、炭鉱や金鉱や製鉄所など、過酷な現場で働く労働者の姿を写した一連の写真だった。

俺はその頃ゴルフ場の造成を請け負っていて、折からのブーム乗って登り調子だったのだが、その写真に打ちのめされるような衝撃を受けたんだよ、、、実際俺のやっていた仕事は大勢の労働者がいて成り立つ商売で、俺自身も土方仕事の辛さは知っていた、、、身体を絞り上げる肉体労働を黙々と続ける人の表情の中に、時折り聖者をも凌ぐ尊厳が現れる事に、俺は薄々気づきながらも気づかないフリをしていたんだ、、、

ユウジ、それに気づいて正視したなら、どうして1日3千円でその聖者をこき使える?

だから俺はその写真で胸を抉られながら、またもや忘れたフリをしてバブル期を走り抜けたんだ、、、もちろんその10年後、長い償いをさせられたがなハハハ、、、このKOJIMAという写真家の作品を見て、あの時の衝撃をまざまざと思い出したよユウジ、、、。

今の日本にこういう若者もいるんだなあと、、、ちょっと嬉しくなったよユウジ、、、暴風夜もたまには良いこともある。

世界崩壊の兆し

これは何かと云うと、ブリキの空き缶にジャガイモを入れてあるのだ。灰の中に埋めるのも良いが、燠火にならないと焦げてしまうので、火をつけてすぐ焼きたい場合はこのやり方が良い。無駄にアルミホイールを消費しなくても済むしな!

で、30分後にはこんな感じ、、、チョット火が強すぎたが、コレはコレで焦げた内側の部分も香ばしくて美味いぞ、、、二つ割りにしてスプーンで頂く、、、4個で満腹!

今日は朝から雨風、、、テント入り口の裂けたチャックはどうしようもないので両側から板で挟んでナントカ開き戸に改良、、、これで今日の作業は打ち切るわ、、、

カマドの側でジャガイモ食べながら世界情勢でも語る事にするか。

世界中がカショギ暗殺の話題で持ちきりだな、、、カショギがサウジアラビア出身のジャーナリストであった事もあり、世界中のジャーナリストが自分自身の今後の安否にも関わる事件だからことさら報道に力が入るのだろうが、、、どうもトルコ政府は一部始終を盗聴していたみたいだな、、、完全にトルコのペースで事態が推移している。

まあ国際政治の駆け引きは置いとくとして、サウジアラビアは他国に駐在する領事館内で殺人したわけだから、、、それが最初は指を切断し、最後は身体を3つに切り分けて運び出し、大使館の庭に埋めたと云うんだから、、、まあ言い訳出来る話じゃ無いわなあ、、、。

実は去年の秋、俺は義弟に誘われてサウジアラビアに行ったのだ。あそこではサウジアラビア人(まあ王族に繋がる一種の身分と云った方が良いかな)は白い長服に赤白のターバンという服装で、一目でそれと判別出来るようになっているんだ。彼らはあらゆる施設に居て、まあ管理職と云えば聴こえは良いが、何も仕事はしない。実務は全て一族以外の者や出稼ぎ外国人がやっているのだ。

王家を頂点とするこの一族は、富と権力を一手に握っているが、近年人口も増えてきて石油収入だけで国家を賄うのが難しくなって来ているようだ。彼らは1日に5回、合図に鐘が鳴ると最寄りの寺院に駆け込んで礼拝する、、、日本には「信仰心が厚い」と感心するお人好しもいるが、俺が見た処、あれはあの一族が権力を握り続ける為の偽装だと思うよ。チョット考えてみろよ、どんな宗教であれ、真理を求める真摯な心があれば、いくら批判されたにせよ、あんな残酷な処刑ができるもんじゃないだろ。

サウジの王家の世代は、今の皇太子でやっと三代目なんだよ、、、つまり今の皇太子のお爺ちゃんの代に石油が出て、それを握ったから、砂漠の1部族に過ぎなかった者が王権を持ったのだ、、、だから彼らに「あなた方は何を以て王家を名乗るのか?」と問われると、王家として正当性を示す根拠が無いのだよ。彼等には歴史も秩序も背景とするモノが何も無いんだよ。だからそれに代わるものとして、宗教を使うのだ。「我々王家に繋がる者はイスラム教に誰よりも深く帰依し、厳格に戒律を守っている」と主張するんだよ、、、まあ、宗教を権力維持の道具に使うのは古今東西変わらないけどね、、、ユウジ、知ってるか?今度の安倍内閣のメンバーは全員「日本会議」のメンバーだよ。神道連盟ともいうが、、、。彼らが神様を信じるなら国会で嘘つくなどできないだろうに、、、ハハハ。

まあ、そういう事で、政治に正義が行われる事は無くて、実際は損得で動いてきたわけだが、それでもこれほどあからさまに損得を隠さず突っ走る事は無かった、、、トランプが「アメリカフアースト」と言って当選したが、裏を返せば「他国の事は知ったこっちゃない」と云うわけだからなあ、、、ユウジ、日本も含め、世界中の指導者がこれほど低劣になった時代は無いと思うよ、、、ユウジ、これは我々には直接関わりの無い事じゃないよ、、、しかし、それで不安になる事もない、、、我々は今何が起きていて、それが何を教えているのかに気がつくべきなのだ。それは破壊だよ破壊、、、しかし破壊があって創造があるのだ、、、俺たちは今、急激な変化の中に生きているんだよユウジ!この変化の渦の中から創造を生み出さなきゃなあ!

オッ、もう電池が無くなった、、、電気が無くて、車のバッテリーも、、、今日はこのくらいでな、、、。