2カ月ぶりのブログ再開

ユウジ、12月半ばからの2カ月は無茶苦茶に忙しくてね。午後8時頃になるとバタンキュウーで朝まで眠る毎日、、、とてもブログを書くヒマが無かった。

【あまのだし】は6年前【師】から授けられた秘伝の浄化調味料なんだが、製造に手間がかかる事と、作成者によって味が極端に変わる事から、ずっと量産に踏み切れないでいた、、、

手作りすると1キロの【あまのだし】を作るのに3日を要する、、、これじゃあ1キロの【あまのだし】が手間代だけでも3万円、、、材料費や諸経費も加えると100g袋が4千円にもなっちゃう!

それで【あまのだし】作成者として最適任者の「富山のお母さん」に、自家用分だけ細々と作って貰って、【はぐくみのさと】や系列レストランでのみ使用してきた。

調理には【あまのだし】のだを使うから、ここで飲食した人々は誰もが「お通じが良くなった!」と喜ぶが、何しろ造るのに手間がかかって自家用分にも足りない有り様、、、分けて欲しいと言われても困るワケで、、、それで【あまのだし】についてはこれまで説明して来なかったんだよユウジ。

しかし昨秋『i-chi』が【あまのだし】の量産化を決意した。

その理由は、子供たちの健康状態が酷い事だ、、、しかし現状で子供たちの口に化学物質を入れない事はほぼ不可能、、、それで『i-chi』は【あまのだし】で子供たちの排毒を促す必要を痛感したワケ。

その為には量産化と合理化で製造コストを下げなければならない、、、実際原価計算してみると、100g当たりの材料費は150円前後なのに加工費が300円もかかるんだ、、、i-chiの協力者が色々加工機を揃えて試作しているんだが、作業者の熟練度も大きい要素だし、何より作業者の人柄が重要なんだよユウジ!(調理人の意識が味に影響大だから、俺が食材に触るのは厳禁だハハハ)

1/12は俺が所属する浄土宗栖岸院の品愚上人の喜寿祝いだった、、、その引出物に供する為、無茶苦茶急いで量産化第一号(まだ試作段階だが)を届けたんだ。

【あまのだし】が間に合って寺のみんなも喜んでくれたが、俺は喜寿祝いの法要に出席していて何と言うか奇妙な感覚に襲われてなあ、、、、、、やはり俺には寺で祈る生活は無理だ、、、俺には死ぬまで行動あるのみだな、、、

 

【あまのだし】は1人が1カ月に1袋摂取すれば効果大なのでどんな家庭でも負担なく買える価格にしたい、、、一袋を500円で渡せれば理想的なんだが現状で500円まで下げるのは無理なんだ、、、ドンドン作業効率を上げて日本中の子供たちに食べられる価格まで下げるのが【あまのだし】プロジェクトの目標なんだよユウジ。

この2か月の量産化で最も苦労したのは機械と人的作業の取り合わせだ、、、『i-chi』は【あまのだし】が「世界一」を名乗るには、【あまのだし】に関わる生産者と消費者が幸せにならなければならないという信念を抱いてる、、、そうなると当然、生産者(つまり作業員)には充分な報酬を支払い、消費者には無理のない価格を設定しなければならんのだよユウジ、、これは3年前立ち上げた(株)貊村とも全く同じコンセプトで、由美子村長もこの信念を貫いて頑張ってるワケだ。

販売価格を抑えながら【あまのだし】の生産者に適正な報酬(時給1500円)を払うには当然作業効率を上げなければならない、、、だがこのプロジェクトで最も重要なコンセプトはそれは作る人の意識が楽しくなければならない事なんだユウジ、、、これがナカナカ難しくてなあ、、、勿論今携わっている3人は人物重視で選んだ人たちだから楽しく動いてくれるんだが、欲得世界とは無縁な人たちだからコスト意識はほとんど持ち合わせていない、、、一方俺とKENは建設業界で生きてきたから、何よりも作業の効率性には敏感だ、、、でも効率性ばかり追い求めると人間が機械に使われる状況になって、、、それでは楽しさが失われてしまう、、、実に難しい問題でなあ、、、

調理機械もそのまま使っていてはダメで、補助器具を考案したり組み合わせを工夫すると効率性はグンと向上する、、、楽に早く作業が進むのは俺やKENにとっては歓びなんだが、、、どうも女性陣にとってはそうでもないようだハハハ。

例えば製品の袋詰め作業ひとつにしても、製品価格を下げる為には1時間に何個こなせるかは決定的なだ、、、だからいつもどうやって効率を上げるか、、、材料の位置はどこが良いか?、、、容器は何が良いか?、、、道具は最適か?、、、いつもそれを考えて最適化を図るしそれが楽しい、、、でもそれを押し付けてばかりいると彼女たちの楽しさを奪ってしまいかねない、、、その辺が難しくてなあユウジ、、、

KENがいるから何とか量産化の見通しもたって、1/17日本を出た、、、

ナロガに戻ってみるとLEOはまた一回り大きくなって、すっかりPillar家の一員になってた、、、俺とユウは身体がガタガタ、、、10日余りは2人とも寝込んしまったからLEOはPillar家に入り浸り、、、ようやく昨日から動きだした。風雨続きなので屋内の片付けから始めてる。

昨日過去縁があったMちゃんという子の消息が耳に入ってね、、、それでこのナロガ建設の再開にあたって、道を求める若者が傷ついた心身を癒せる場所にしようと思ったんだよユウジ、、、まあ最初からなんとなくそうは思っていたんだが、御神木の周りを片付けていて想い新たに、、、そう感じた。