療養6日目

今日は怪我してから6日目、、、ジーンと痺れ感はあるものの、痛みはほとんど無くなった、、、まだ1週間経たないのに我ながら凄い回復力だ!

もちろん傷口に膜が張っただけで 肉や骨が再生したワケじゃないが、痛みで悩まされなくなったから有難い。

しかしたった1本の指が使えないだけでも不便なもんだなあユウジ、、、建設作業はもちろん、炊事、洗濯、掃除、、、生活全般がやれなくなるんだなあ、、、こういう目に遭うと障害者の苦労も他人事じゃなくなるなあ、、、もう台所は食べたまま、、、寝室は起きたまま、、、周囲はバタバタだ!

先日Pillar婆ちゃんがジャガイモを30キロくらい持ってきてくれて、俺が怪我してると知れてしまった、、、それからタマゴを持って来たりマリアが包帯と薬を持って来たりして心配してる。

来ると俺が解ろうと解るまいと一方的にひとしきり喋って、俺をハグして満足した顔で帰って行く、、、困るのは、LEOが狂喜して彼女たちに飛び付く事だ、、、俺に飛び付くと叱るから最近では俺には飛び付かなくなったんだが、ピラール家の人々が来ると嬉しさを抑え切れなくて飛び付いてしまう、、、今もPillar婆ちゃんに飛びついて、せっかく持ってきてくれたタマゴを落とさせムシャムシャ食べてる!

俺は右手が不自由で叩く事もできず、、、もう随分大きく頑丈になって細い棒で叩いても全然コタエナイんだよユウジ!

今日は一日中霧雨打が、天気が良くても何もできないんだからむしろこの方が落ち着く。

加工途中の支柱や棟木が散乱してるが、指の回復速度が思ったより速そうだから、作業再開も後2週間くらいで何とかなるだろう。

霧雨に煙る御神木と聖堂を眺めていると、この歳になって夢中になれる仕事が与えられてつくづく有難いと思うよユウジ。

近頃ポツンポツンと人が来るようになってね、、、たぶん「変な日本人坊主が何を作ってるんだろう?」と好奇心で訪ねるんだろうな、、、Pillar婆ちゃんがどう説明してるか分からんが、俺が喋れたとしても言葉で説明するのは難しいから、返って喋れない方が良いかもなあハハハ。