棟木作り

屋根の背骨になる棟木を作る

建物を縦に渡すから10メートルの長さが必要だ、、、残しておいた2本の梁材を繋いで使う、、、

でも縦横とも歪んでいてね、、、片面を直線に縦引きして修正したが捻れてるのはどうしようもない、、、束柱のホゾ部分を捻れ具合に合わせて加工しなくちゃ、、、厄介だなあ、、、ホトホト日本の材木が恋しいよ!

大きいたわみは一晩ユンボで押さえ付けて修正、、、

なんとかグネグネの梁材を繋いで、、、夕食は富山の手搗き餅、、、やはり売ってる餅とは違うなあ、、、俺の雑煮はシンプルにネギだけの味噌汁で餅を煮込む、、、あんまり具材が入ってると餅本来の味が損なわれるからなあ、、、でも煮込むと溶けてしまう餅ばかりでガッカリする、、、その点、富山のお母さんの餅は煮込んでもしっかりしていてウマイウマイ!空港では死にそうになって運んだ餅だからなおさらだハハハ。

 

 

コメントを残す