年輪

1週間前「明日は雨が降ろうが風が吹こうが、明日は束柱を建てるぞ!」と書いたが、、、あんまり大口叩くもんじゃないなあ、、、あくる日から物凄い暴風が吹き荒れてね、、、昨日やっと収まったんだよユウジ!

それで今朝からやっと束柱を組み立てた、、、接合部が腐らないようにまずホゾ穴にタールを流し込んで梁のホゾ穴に束(ツカ)のホゾを差し込む

少しキツめに加工してあるからスンナリは入らない、、、グラグラしてるから倒れないうちに上から大ヅチで叩き込む、、、

ガンガン打ち込んでいくと束はガッシリ食い込んでいく

どうだい、、、まだまだ若いモンに引けは取らんぞ!

ところで梁の上に乗っていてフト「この松丸太はどれくらいの年齢かな?」と思ったんだよユウジ、、、それで切り口の年輪を見ようとしたが壁に埋めてあるから見えない、、、元々は15メートルくらいの長い樹だったから、下に落ちていた先っぽの部分の年輪を数えたみた、、、

測った部分は根元から10数メートルくらいで20年だから、多分40歳くらいの松の木なんだなあ、、、人間も40歳くらいで分別がついてくるから(最近はそうもいかないようだが、、、)松の木も40歳過ぎれば使い物になるんだと妙に納得した。

これは玄関を入った横手に飾りも兼ねて建てた柱なんだが、、、この樹は木肌も葉っぱも椿によく似た樹木なんだが非常に硬いので多分俺くらいの歳だと思う、、、この樹と俺とどちらが分別あるのかと考えちゃったよユウジ。

ナロガのシンボルであるイチイの御神木は何百年も経っているだろうから樹という生き物の意識は、人間なんかより遥かに思慮深いだろうなあ、、、そう考えると粗末には扱えないなあユウジ、、、古材やこうして新しい材木を扱っているとつくづく想うんだよ、、、

これまで古材を使っていて、、、前にも書いたが樹というものはどんなに古い廃材でも、磨いたり加工したりすると再び蘇ってくるから、それで樹の意識みたいなものを確かに感じるワケなんだが、、、

最近は古材も底をついてきたので、梁や柱は森から切り出した新材を使ってる、、、それで森から伐採して、、、皮を剥いて、、、削って、、、加工して、、、生物学的に云えば確かに樹としての生命は絶たれたに違いないんだが、、、しかしやはり生きてるんだよ、、、その樹を何に使うか、、、どんな扱いをするか、、、どんな加工をするか、、、どんな気持ちで接するか、、、古材も新材も、、、ホントにその度に異なる顔を見せてくる、、、100年、200年経った古材でも、昨日伐採した樹でもそれは変わらない、、、ユウジ、俺は古材や新材を使ってアレコレ作っているうちに、どうも人間が思い込んでいる「死生観」はトンデモナイ勘違いじゃないかと思うようになったんだよ。

ナント云ったらいいか、、、樹木だけじゃなく人間も含めた全ての生命体は我々人間が考えるような「個的存在」じゃなくて、全体が繋がった「永遠の変化」の現象、、、ナンカそういうようなモンじゃないかと想うんだよユウジ。

俺は今日松丸太を使って石壁の上に梁と束を組み上げただろ、、、石壁は、石と土と砂と牧草が繋がり合って、、、その石壁は下の岩盤と繋がって、、、チョット離れて眺めると、、、それは正面の御神木と繋がってるだろ、、、俺たちはそれらを「家」とか「樹」とか「山」とか、、、個々別々のモノとして見る癖になってるが、、、コリャア錯覚というか勘違いというか、、、俺は独りで梁の上から周囲を見廻してボンヤリそんな事を想ったんだ、、、俺はヘンなのかなあユウジ、、、。