畳部屋の照明手直し

畳部屋の障子照明がイマイチでね・・・実は裏表を間違って取り付けちゃったんだよ・・・やり直すにも面倒でそのままにしてあった・・・明かりをつけると桟が浮き出てマアマアなんだが昼間明かりを消してあると、桟が裏側にあるからノッペラボウでドウモなあ・・・

それで取り外して桟を表側に出した・・・それに枠がチークじゃないからもうひとつシマラナイので枠の上にチークを重ねて張った・・・紙を貼る前に松油を塗ると、糊が付かないから紙を貼ってから油を塗ったら、紙に油が染み込んで処々シミが出ていた・・・それで思い切って全部に油を塗ってみた・・・昔は外に面した障子は油を塗ってあったのでそれを思い出してね・・・そしたら古い磨りガラスみたいになって風情が出たんだよ!

右側に見えるテーブルは布で覆ってコタツになってるんだ・・・夏だけど朝晩は足元が寒いから・・・腰掛け炬燵だ。

失敗と手直しばかりで情けないがこれも記録しとかないとなあハハハ。

ところで話は変わるがジャーナリスト佐藤章さんのニュースを見て衝撃を受けたので、これも記録しておく。

五輪開会式でドローンを使った演出が最大の話題になってるね・・・佐藤氏が挙げた動画ニュースによると中国はすでに去年ドローン3000台を使って広東市で世界初の空中ショーをやってギネスブックにも載せられているんだ!

マスコミが全く報道しないから、日本人はあれが世界初で日本の科学技術のように勘違いして浮かれてるが、やったのはインテル社の社員で、日本人は技術者にお茶を運んだくらいなんだ・・・中国人は鼻で笑ってるだろうなあ・・・

あれは組織委員会が180億円で電通に丸投げして米国のインテル社から買ったもの・・・驚くべき事に実際の費用は1億円前後だったと云うんだよユウジ・・・差額はどうなってるんだと佐藤氏は怒ってる・・・

それで俺もエ〜ッと思って中国のドローンショーと日本のドローンショーを探し出して見比べてみたんだが、実際中国が圧倒的だった・・・当たり前だよなあ1200台と3000台だもの・・・中国クラスに出来なかったのはインテル社が1200台以上コントロールする技術を持っていないかららしい。

因みにドローン技術では中国がダントツでドローン機器の世界シェアは70%を占めていて、米国のインテル社は5%に過ぎないと云うんだよユウジ・・・つまりこの分野での技術は圧倒的に中国が進んでいて到底太刀打ちできないらしいんだ・・・俺は知らなかったが、ドローンは既に商業化されていて世界のドローンメーカーは価格を公表している・・・浮かれた日本人には信じられないだろうが、1億円という価格は公表されている価格表から算定したからほぼ間違いないと云うんだよユウジ!

俺は前に中国軍の幹部が発表した「知能化戦争」という本の中身を読んで、これは世界をひっくり返す始まりだと思ったが、それは当たっていたようだ!

科学技術のとんでもない進化で中国は圧倒的に優位に立ったと確信したから、あのように手の内を見せるような軍事技術を公表したんだだな・・・

日本政府は米国に追従して「中国包囲網」などと時代遅れな政策を取っているが、いい加減現実を見ないとエライ目に合うなあ・・・。

ネットがあるから隠し通す事などできないのに目先の政権維持の為にこんな報道管制を続けるのは本当に自滅策だと思うよ・・・今、中国だけがコロナを封じ込めていて、一方では科学技術を猛烈なスピードで進めてる・・・超大国だから経済も内需だけでやっていける・・・こんな国を封じ込めるなんて出来っこないだろ・・・ホント日本人は馬鹿ばかりになったなあ・・・。

階段の改善

階段周りがどうもシックリしない・・・手摺りをジャングルジムみたいにしたら子供が喜ぶかと思って灌木の枝を組んでみたんだが、、、下に障子照明を嵌め込んだら上下がアンバランスでねえ・・・

それで全部取っ払って例の草筵を張ってみた・・・これならナントカ見れるよなあ・・・

まだ階段の踊り場部分が空いてるが、ここは手摺りに縋って「ヨッコイショ」と梁を跨げるように大きく湾曲してるので変形の筵が必要だ・・・ピッタリ合う筵を編むのは無理だから小さな束を幾つか作ってぶら下げようかと思ってる・・・

ところでこの草筵の香りだが本当に良い香りでね・・・刈り取ってのは3月末だからmく4ヶ月近く経つんだが聖堂内に入るとプ〜ンと良い匂いがする・・・枝葉が硬いからクッションや枕にするには難があるが・・・ナンか他にも利用方法がありそうだな・・・こんな高地の厳しい環境でも数少ない土石や植物が生活を助ける力を秘めてるんだなあ・・・

野の花

上の写真は2年前20日大根を蒔いたところで、種を蒔くとしばらくして大根葉が伸びて来るんだが、気温が足りないせいか充分育たない内に花を付けて萎んでしまう・・・ところが今年は種を蒔かないのに芽が出て、やはり大きくならない内に花を開いた・・・葉野菜として食べるほどにもならないのに、健気に頑張って種も作って土中で待機していたんだなあ・・・

この花は結構可憐な花で俺は気に入ってたんだが、側にもっと可憐で繊細な野花が咲いているのを見つけた・・・画像をアップしても判りにくいと思うが小さな紫色の花だ・・・茎も針金みたいに細くていかにも儚げな風情・・・それで両方を少し切り取って活けてみた・・・

色合いが良いだろ・・・なんだか少女の振袖姿を連想してレナリに着せてみたいと想ったよハハハ

写真を撮るのを忘れたが、今日はアナとアントニオ夫婦が霊水を汲みにやって来た・・・水源まで歩けるように切り拓いてあるんだが、気づかなかったがアントニオは足が弱くて100メートルほどの山道を歩けないと云う・・・神聖な水源の雰囲気に触れさせたかったんだが残念だ・・・西洋人に湧水場の持つ独特の「氣」を判らせるのは難しいかもなあ・・・

アリシアの家に行った時も「近くに鉄の水が出る処があって水道の水源になってるよ」と云って案内されたんだが・・・それは酸化鉄の水で、呑んでみたがとても飲めるような水じゃない・・・妙な天使像が作られていて「氣」も全く感じられなかった・・・これは単に西洋と東洋の違いというより、そもそも彼らは水の味が判らないんじゃないかと思うんだ・・・でなきゃあんな不味い水を水道に使う筈は無いからなあ・・・多分この水道を使ってる家は流し台も風呂場もサビで真っ赤になってると思うよ!

車修理

ずいぶん前からブレーキの異音がしていた・・・ブレーキパッドの摩耗だとは分かっていたがガソリンスタンドの修理場では直せないというので放置していた。

先日Alicia家まで遠出していよいよ異音が大きくなったので、Pontenovaの修理工場を探し出して修理してき・・・パッドだけじゃなく車輪側の円板までダメになって交換・・・財布に320€入れて行ったんだが、代金311€でギリギリ払えた!

町はずれのいかにも田舎の車屋・・・工場に入ったら見た事もない古いトラックのエンジンを下ろして修理中・・・俺の車は前日に車種を確認して貰って部品を取り寄せてあったので交換はすぐ済んだ・・・

NAROGAに戻ってレナリ部屋のベッド作り・・・ようやく完成・・・

21:00頃、外に出て一服・・・霧の中でボンヤリしてるとうっすらと浮かび上がる木々や草が周囲の霧と絡まって全体が切れ目なく繋がっていると感じる・・・向こうからこっちを見れば俺も繋がってるように見えるだろうと思って自撮りしてみた・・・霧の中に出現した入道だなハハハ

ベッド作り

この前レナリから電話がかかった時「レナリのプリンセスベッド作ってる?」と催促されてね・・・階段ができたのでベッドを作り始めた・・・ジジ馬鹿だよハハハ

あの子は寝返りが凄くて歩けないうちからゴロゴロ転がりながら眠って、2メートル四方の特大ベッドからはみ出すくらいだったから、ここでも1900×1500の大きいベッドにした・・・ここまでやって底板がなくなった・・・あと10数枚要るからこればかりは買ってこないと

Pillar婆ちゃんの畑でカブ菜を貰ってきた・・・刻んでニンジンと合わせて塩揉み・・・これで重しをして漬物にしておく・・・去年の10月からその時々の野菜を数日塩漬けしてからキムチの残りに足してずっとそれを食べてる・・・味が薄くなったらニンニクや唐辛子を足して漬け続けてるといつまでも食べられる・・・啞樵流連続キムチだ

このカブ菜は葉っぱに小さなトゲがあり、素手で触るとチクチクする・・・かなり原種的な植物で豚の餌用に栽培してるんだが、韓国の「カッ」という菜っぱと似た味で、たぶんこれも浄血作用が大きいと思う・・・こっちの人は脳血栓を患う人が多いからコレを食べるのが良いと思うが・・・食わず嫌いだからなあ・・・

俺はこれがあるお陰で野菜不足にはならない・・・Pillar婆ちゃんの畑があるから助かるわあ。

LEOの様子を見に扉を開けたら、向かいの貊水の山に霧がかかって墨絵のよう・・・写真ではなかなか伝えられないが美しい光景だ・・・

現在時刻21:38・・・今の季節は陽が長くて23:00くらいまで明るいんだよ。

訃報

義弟のHから久しぶりにメールが入ってドバイの知人であるS氏の訃報を知った・・・コロナにやられたらしいが糖尿病を患っていたので抵抗力が無かったのだろう。

Hは大手自動車部品メーカーの中国での合弁会社の社長を務めているが、誠実な人柄から中東での人脈もあり、数年前、彼に連れられてUAEとサウジアラビアに旅した事がある・・・UAEのドバイでHの友人であるS氏から豪華な魚料理を振る舞われたが、顔を見た時「ああこのままだと長くないな」と感じたので飲用水の改善を勧めた・・・血液浄化の笹茶を持っていたのでそれを渡したがやはり数年で力尽きたようだ・・・実際あちらの水は酷いからなあ・・・もちろん飲用水は市販されてるが、あれは殺菌済みの水という事で細菌感染しないというだけの死んだ水だからなあ・・・まあ長生きするだけが良い事じゃないが、病を機に「存在の意味」を求めるようにならないとホントに無駄死にだからなあ・・・

俺はここ数日、特に『死』についての考察を深めていたので、HがS氏の訃報を受け取って「人は死ぬという当たり前の事を再認識して、改めて人生の意義について考えてる」と書いていて、俺は自分の無意識とHの無意識が繋がったように感じて妙に嬉しかったよユウジ・・・

階段に手こずる

階段の踏み板張りに手こずってる・・・5段張ったところで足を踏ん張ったら踏み板の端が割れてしまった・・・踏み板は数枚の端板を繋いだモノだから懸念はあったんだがやはり保たなかった・・・それで全部剥がしてやり直し・・・踏み板がグラつくんじゃどうにもならんからなあ・・・ところが土台の鋼板がそれぞれ形が異なっていてビスを打つと場所によって板と板の接着部分に当たってしまう事がある・・・さすがスペイン・・・作る時どうして同じ大きさに加工しないのかなあ?

それで踏み板の下端にもう一枚端板をくっ付けて補強・・・土台が鋼板だから穴の位置を再確認して1箇所づつドリルで穴空け直し・・・踏み板一枚にビス4本・・・モウ大変なんだよユウジ・・・

計10枚なんとか貼り終わった・・・

昼食は茹でたスパゲッティを例によって醤油マヨネーズで・・・デザートはAlicia から頂いたブルーベリーとイチゴで一服・・・どちらも新鮮な自家製だから美味いわあ・・・

午後は障子に木の葉を貼って階段下のアラ隠し・・・コレはスムーズに進んで上手くいった・・・苦楽は糾える縄の如し・・・そんなに大袈裟なモンでもないかハハハ

右側はシダの葉で左側はイバラだよユウジ・・・現物はトゲだらけで風情があるようなモノじゃないんだが、他に適当な葉っぱが見当たらないので使ってみた・・・こうして影絵にするとナカナカだよなあ・・・

イイだろユウジ・・・こうなると熱燗で一杯やりたくなるなあハハハ!

昨日はAlicia   Javier夫妻の家まで貊水を届けに行った、、、片道2時間弱のドライブだったが、貊水を届けるのは意義を感じて楽しいわ、、、今どき本当に意義ある仕事なんてなかなか思いつかないからなあ、、、

到着して独りで森を歩いたが初夏の森林は凄いなあ、、、生命力がグワっと伝わってきてちょっとタジタジだったよ

遠くの斜面中腹に見えるのがAliciaの家

2時頃ルーゴの古城のレストランで魚料理、、、,久しぶりのご馳走、、、満腹して美味いワインもお土産に、、、私邸戻って昼寝、、、アレコレお土産いっぱい貰って夕方帰宅、、、22:00頃戻ったら繋ぎっぱなしだったLEOが狂ったように喜んで、、、しょうがないから聖堂内に入れて寝た、、、

スピリチュアルおばさん再登場

LEOもずっと繋がれてたんでは欲求不満になるわなあ、、、それで車を出して一緒に山道を走った、、、あの急な坂道を1キロくらいを時速30キロで上り下りしたがずっと遅れずについてきた、、、帰りは全部登り道だが犬は凄いなあ、、、アレだけ体力があるんだから繋がれっぱなしじゃ欲求不満にもなるわなあ、、、一番太いロープも噛み切ってしまうから全部鎖にしたよ、、、

その後、昨日訪ねて来たスピリチュアルおばさんが又やって来てね、、、帰り際に障子紙の代用品を探してると話したので、早速買ってきてくれたんだ、、、探しに行かなくて済んだので良かったよ、、、薄くて弱い感じだが破れたらまた張ればいいからとりあえずコレで、、、で、、、彼女水汲みに行った時、歌を口ずさんでいたので、よせばいいのについ気を利かせて「歌が上手だね」と言ったら突然踊りながら歌い出してね、、、ユウジ、、、‼️‼️‼️

😅😅😅

さて明日はAlicia   Javier夫妻の家に貊水を届ける、、、10:00の約束だから8:00には出発しないと。

 

 

 

踏み板

踏み板は鋼板より少し大きめにして蹴込みが出来るようにした、、、そうしないとつま先が突っかえるからね、、、でも一枚板じゃなく6枚の端板を繋いだモノだから後で端っこがぐらつくかもな、、、左側に見える障子は障子紙が無いのでまだそのままだ、、、スイッチ類を柱も左側に納めたので紙さえ張ればアラ隠しになるだろう、、、階段が10段あるので鋼板に穴を空けてビス止めするのに手間がかかる、、、途中LEOの運動で付近の山へ、、、

紫の可憐な野草の花、、、イエスじゃないがソロモンの王がいくら着飾ろうと野草の一輪に及ばないなあ、、、

LEOにPillar婆ちゃんのパンと肉汁をやって、俺はサラダパン、、、サンドイッチにするのも面倒なので全部混ぜて、、、ほとんどLEOの餌と同じダワ、、、

そうそう昨日スピリチュアル系ヒッピー風中年女性が訪ねて来た、、、名前忘れたが、、、御神木と霊水に感動して帰っていったが、、、